【読書】最貧困女子

この記事をシェアする
はてなブックマーク - 【読書】最貧困女子
Facebook にシェア
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

現実は酷いものなんだなって思った。
貧困とそれを作る環境とそれをしゃぶり尽くす輩のことを書いているノンフィクション作品。

ちょっと前にそして、バトンは渡されたという小説を読んだあとからなのだろうか。現実の方が小説より圧倒的残酷で救われないと思った。
貧困が教育受けさせない状況を作り、それが原因でずっとその状態で親子代々永遠に続くループしている圧倒的絶望感がある。気分があまり良くないが知っておくべきことだと感じた。

生きるために体を売ってしまう人とカジュアルに体を売ってしまう人があり、全然状況が違うこと。体を売ってしまう人の中でも格差があり、どうしもなく絶望的。

政治や公的機関がしっかりとこの状況を把握していることを切に願い、改善をし、不幸な人たちを救ってほしい。

【読書】そして、バトンは渡された

はてなブックマーク - 【読書】最貧困女子
Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

この記事をシェアする