【読書】Koboで村上春樹を読んでみた。

この記事をシェアする
はてなブックマーク - 【読書】Koboで村上春樹を読んでみた。
Facebook にシェア
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

よく分からない、最近入ってきたアメリカの文化、ブラックフライデーとやらが楽天で開催されていたので、早速koboを楽天で買ってみた。

使ってみた感じはスマフォとかタブレットより断然目に優しい印象をもった。
色味とか明るさとか良い感じですよ。これで本を読んでジャンジャン読めるようになる。

そして、早速、楽天ブックスで電子書籍を買った。そしてもう読み終わった。

猫が主人公のメタファが沢山の小説かと思ったんだけど全然違った。
パスタをたっぷりのお湯で湯がいて、ベーコンレタスサンドをカティーサーク、もしくはペリエで流し込み、やれやれって言う猫が出てくることを期待したいけれど・・・。

村上春樹のお父さんとの関係の話だった。
戦争中の話し、場合によっては自分が存在しなかったもしれない的なお話。

今まで何冊か読んだ村上春樹のイメージと違ってちょっと面食らったが面白かった。

猫を棄てる 父親について語るとき

Kobo Clara HD

はてなブックマーク - 【読書】Koboで村上春樹を読んでみた。
Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

この記事をシェアする