英国王のスピーチを見ました

この記事をシェアする
はてなブックマーク - 英国王のスピーチを見ました
Facebook にシェア
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

吃音症で悩んでいるジョージ6世の話

治療をオーストラリアの面白い医者ライオネルしていくのですが、ジョージ6世に対して媚びないのが印象的に思いました。

現状悩みがあって、子供の頃に色々とあって心が疲弊しているが、王族と言うことで、その気持ちを表に出せないでいる。しかも、兄は継承するするが、女性問題で王位で弟であるジョージ6世に王位を継承する事になる。兄のことでも悩み、色々と辛い立場にあり、可哀想に思った。そして、吃音であることで自信が持てずにいる。悪循環を起こしている。

そんななか、ライオネルは対等な立場で臨み、ジョージ6世と友情を築き、自信を与えていく。最終的にスピーチを成功させたのは、友情と強い意志だと思いました。

最後のスピーチのシーンのお芝居が印象的で良い作品だと思います。

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • レーベル: Happinet(SB)(D)
  • スタジオ: Happinet(SB)(D)
  • メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 価格: ¥ 3,626 (27% OFF)
  • 発売日: 2011/09/02
  • 売上ランキング: 1407
はてなブックマーク - 英国王のスピーチを見ました
Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

この記事をシェアする