【読書】階段途中のビック・ノイズ

この記事をシェアする
はてなブックマーク - 【読書】階段途中のビック・ノイズ
Facebook にシェア
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

いやーー。最高に楽しかった。ロックンロール。ういいやーって感じです。

男子高校生の軽音部がどん底から、最高の学園祭を迎えるまでのお話です。とってもわかりやすい展開。こうなるだろうなって分かっていても、最高にワクワクしました。やっぱりこーなったか、最高じゃんといった所でしょうか。かとせん最高です。とにかく、かっこいいですね

音楽好き、特にロック好きは読んでみて下さい。出てくる楽曲が自分のど真ん中ではないですが、高校の軽音部がやりそうな選曲に納得出来ます。読んでいる内に目に光が射し、興奮し、感動しておりました。わかりやすい内容だからそうなったのかも。期待通りに進んでいく心地よさがあったのかもしれません。

ライブに行きたくなります。そんな魅力のある本でした。青春を疑似体験できました。

ロックンロール!!

ラモーンズとグリーンデイを聞きたくなりますよ。

The Ramones – Blitzkrieg Bop (Live)

Green Day – Basket Case

階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)
階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)
  • 発売元: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎
  • スタジオ: 幻冬舎
  • メーカー: 幻冬舎
  • 価格: ¥ 630
  • 発売日: 2010/05
  • 売上ランキング: 24848
はてなブックマーク - 【読書】階段途中のビック・ノイズ
Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

この記事をシェアする