【読書】1973年のピンボール

この記事をシェアする
はてなブックマーク - 【読書】1973年のピンボール
Facebook にシェア
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

面白かった。独特な感じですね。あっ!この文章は村上春樹ですねってはっきり分かります。

主人公は、相変わらず女性にもてます。そして、沢山のビールを消費しまくる鼠。ビールとよく分からない昔の音楽。そしてオシャレな会話。悩み深き青年。ビールが飲みたくなります。そして、羨ましい。そんな感じのお話です。

1973年のピンボール (講談社文庫)
1973年のピンボール (講談社文庫)
  • 発売元: 講談社
  • レーベル: 講談社
  • スタジオ: 講談社
  • メーカー: 講談社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2004/11/16
  • 売上ランキング: 10049
はてなブックマーク - 【読書】1973年のピンボール
Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

この記事をシェアする